"14金と18金の違い"カテゴリの記事一覧

14金と18金の結婚指輪の違いは何ですか?

ゴールドの結婚指輪の素材は
長年18金(K18)しかありませんでしたが
最近では14金(K14)という素材が
登場しています。
この二つの違いは何でしょうか?

ゴールド(金)は柔らかい素材なので、
リング等のジュエリーに加工する際には
銅や銀を加えて硬い合金にして
日常使いが出来うようにします。

25%の混ぜ物をした18金(金は75%)が
国際的に標準的な素材です。
日本でもゴールドジュエリーと言えば
18金(K18)のことでした。

ところが、ここ数年で金の価格が
2倍以上に上昇したために
製品コスト削減を目的とした
金(ゴールド)の含有量が少ない素材が
登場したのです。

その中のひとつが14金(K14)です。
こちらは58%の金を含んだ素材で、
それは18金(K18)の金含有量
75%を下回ります。

つまり、一見同じように見える指輪でも
含まれる金が少ない指輪なのです。
手頃な価格のファッションジュエリーでは
今や14金の方が主流のところもありますが
長く愛用する結婚指輪では
やはり18金(18K)をお勧めします。

18金は世界的に標準的な素材なので
結婚指輪購入後のサイズ直しや、
メンテナンスがどこでも簡単に出来るのです。
一方、14金は必ずしもメジャーな素材とは
言えないので、長い目で見て
不安が残ります。

以上からゴールドの結婚指輪の素材としては
14金はお勧め出来ず、
18金を選ばれと良いでしょう。

結婚指輪プロデューサー:渡部博行

 

404