"婚約指輪放浪記(地域情報)"カテゴリの記事一覧

婚約指輪放浪記リアル2014弘前編


4℃が新しいブライダル専門店の1号店を
青森県の弘前市に出店しました。

これはいろいろな意味で興味深いなあ。

4℃(ヨンドシーホールディング)は東証1部
上場企業ですが、今やその成長戦略は
ブライダルリングの成否にかかっています。

ここ数年は、4℃ブライダルという路面店を
全国の主要都市に出店することにより
売上を伸ばしてきましたが
それもほほ完了したので
ここから新たな成長ステージに入るには
地方の中堅都市への出店が
必要になったのです。

そのためには、
シンプルな4℃のテイストが最適とは言えません。
そこで、ヤンキー、ファンシーのテイストの内
ファンシーを選んで、
新ブランドのドゥエドゥを立ち上げました。

その1号店に選ばれた場所が弘前ですが
それは
「弘前で成功すれば、日本中で成功する」
という意味でもあります。

その弘前ですが、文化の香り豊かな
なかなか魅力的な地方都市です。
中心部の商店や、飲食街が
シャッター通りになっていないのですね。

hirosaki

そして、弘前はジュエリーかまた
本拠地でもあります。

ジュエリーかまたは、北東北、北海道を中心に
10店舗を構える、国内でただひとつ
婚約指輪・結婚指輪専門店のドミナント戦略に
成功した会社です。
特定地域に店舗をまとめれば、
ゼクシイの広告費も共用出来るし
この地域は労務費コストも安いので
効率的な運営が出来ていたと思われます。

近年では、全国チェーン店の
ブライダルリング専門店
同じエリアに殴り込みをかけたきたので
店舗を大型化する等の対応を
せまられていましたが
そこに4℃の新ブランドが参戦したのです。
かまたは、ドゥエドゥの3号店が出店した
秋田市にも2店舗あるので
まさに全面対決となりました。

無風地帯で人知れずぬくぬくと商売してきた
かまたにしてみれば
たまったものではないでしょう。
ブライダルリングは、店舗が増えても
婚姻数は増えないので
既存店舗の売上は確実に
減ってしまうのです。

弘前や秋田には
アイプリモや地元の店舗もありますから
小さなマーケットが一気に厳しい競争状況に
変化してしまいました。

確かにここで勝てるようならば
ドゥエドゥは全国で通用するかもしれませんね。

 

1 / 512345
404