"婚約指輪の疑問100選"カテゴリの記事一覧

ダイヤモンドの0.01カラットの違いは見た目でわかりますか?

0.30カラットのダイヤモンドと
0.31カラットのダイヤモンド。
出来るだけ大きなダイヤモンドを
手に入れたいけれど
この0.01カラットの違いは
見た目で分かるものでしょうか?

ダイヤモンドの品質基準4Cの中で
大きさはカラット(Ct)で表示されます。
このカラットは、正確に言うと
大きさではなくて重さの単位です。

1カラットが0.2グラムなので
0.3カラットのダイヤモンドは
0.06グラムの重量ということ。
違いである0.01カラットは
0.002グラムなので
この重さの違いはとても判別出来ません。
それでも、3%重さが増すので
理論上ダイヤモンドの価格は
3%高くなります。

しかし、それが見た目でわかる
違いかというとかなり微妙です。

婚約指輪のダイヤモンドは
真上から見た直径に
見た目の大きさが左右されます。
しかし、ダイヤモンドはその形状も
ひとつひとつが微妙に違います。
そのため、0.31カラットよりも直径が大きい
0.30カラットのダイヤモンドもあります。

0.3カラットのダイヤモンドの直径は
4.2~4.3mm前後なので
0.01カラットの違いは0.1mm以下の違い。
肉眼で識別するのは難しいと言えるでしょう。

0.32カラットと0.30カラットの
ダイヤモンドを並べて見ると
何とか違いがわかるのですが
これもルース(裸石)の状態だからこそ。

一目でわかるほど
婚約指輪全体の印象が変わってくるのは
ダイヤモンドに0.05カラットくらい
の違いが必要かもしれません。

0.01カラットのダイヤモンドの違いは
見た目の大きさよりも
贈る側の気持ちの違いと言えそうです。

1 / 3123
404